光華楼のYチェア
光華楼のYチェア

 

 

 

 


  天童木工

グローバル

 「イタリアのデザイン、ドイツの堅牢、日本の精密、この3要素を併せ持つ製品」それがGLOBALの発想でした。3要素はあくまでもそれぞれのトップレベルで融合しなくてはならないという命題のもと、1978年にデザインと技術の2つの分野で開発が始まりました。

YOSHIKINは創業以来、洋食器製造を通じて数々のノウハウとアイデアを培ってきました。その中でも素材美(個々の素材が潜在的に合わせ持つ色彩美や造形美)を活かすことこそデザインの極致という結論に至り、異素材を介在させない「刀から柄までオールステンレス一体構造の包丁」というコンセプトが完成しました。工業デザイナー・山田耕民氏にこのコンセプトによる包丁デザインを依頼。ここにGLOBALは誕生しました。




柳宗理

ボールとパンチングストレナーは組み合わせて使えるほか、鍋やフライパンも径を合わせてサイズが展開されています。

さらに片手鍋や鉄のフライパンはふたを回転させて隙間を調節出来ます。吹きこぼれをふせいだり、捨て汁の量を調整したり出来ます。

柳宗理独特のフォルムに機能も兼ね備えています。